読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業になった元SEの頭の中

約5年ほどのSE(インフラ)経験を経てIT屋の営業になったやつの頭の中。

ヘンリク・ステンソンが全英オープンを初制覇!おまけにコースレコードも!

f:id:omoshironowa:20160718023453j:plain

 

 

 遂に決着がつきました!!!

ヘンリク・ステンソンがフィル・ミケルソンとの激闘を制して初のメージャータイトルを制覇しました。初のメジャータイトルが全英オープン。そしてなんと20アンダーという歴代コースレコードでの達成という偉業のおまけつき!!!

 

深夜(現在朝の3時)にも関わらず思わず興奮が抑えきれず此処にぶつけています!笑

 

フィル・ミケルソンも17アンダーという素晴らしいスコア。2名ともに17ホールまで一進一退の攻防を行っていましたが、個人的には2打を追うミケルソンがあと数センチのイーグルパットを沈めきれなかった瞬間にこの結果が決まったように感じました。

 

いや~~~。。。しかし、ミケルソンが46歳。ステンソンが40歳。

2人とも渋すぎます。かっこよすぎます。笑

 

今週の土曜日には僕も山梨でラウンド予定なので、気合が入りました!

 

熱い戦いをありがとう!!!

 

 

 

 

【出没予告】8月21日(日)六本木交差点に出没して効果測定をします(夏の自由研究)

暮らし 実験 遊び

f:id:omoshironowa:20160706010227j:plain

 

こんにちは。さすらいの歌舞伎営業ことメソノバです。

唐突ですが。。。

夏の自由研究を実施いたします!!

 

題して『メソ(歌舞伎モード)の露出に伴うPVの変化について~夏~』

 

要するに何がしたいかと言うと僕が実際に歌舞伎モード(※下の図参照)で六本木に出没することによってこのブログにどれだけの影響があるのかを測定してみたいのです。

【歌舞伎モード】

f:id:omoshironowa:20150624225114j:plain

 

実験するにあたって用意しようと想定しているものリストは下記の通りです。

 

①名刺

 ⇒名前(メソノバ)、ブログURL、twitter ID

②衣装

 ⇒坂本君

  Amazon CAPTCHA

③折れない心

 ⇒一番大事

 

想定では、六本木に遊びに来ている外国人の方々に興味本位で声を掛けてもらえるはずですので、その際に名刺を渡します。受け取った外国人の方からしたら何のこっちゃだとは思いますがそんなことは気にしません(笑)

 

f:id:omoshironowa:20160706010240j:plain

 

あとは、出来れば誰か通訳できる人に補助についてもらいたいなとは思っているのですが僕の知り合いであまり英語が得意な方がいないので、まぁ見つかったらラッキーくらいな気持ちでいます。(そもそもこんな企画をやってる時に近くにいてくれるような人も中々いないと思いますしw)

 

 加えて、日本の人に見てもらった際にも気付いてもらえるように背中にはブログURLでも掲示しておこうかと思っています。もしくは大きいQRコード

 

まだ実行日まで少し日がありますので、準備経過とか出没計画などはこの場で随時報告していきますね。

 

既にこのブログを見ていてくれている人達も、もし当日暇でしたら是非会いにきてください!!当日はTwitterでリアルタイムな位置情報も呟きます。

 

よ~し!

警察に補導されないように頑張ろう(笑)

 

 

 

エンジニアに対する「ヒアリング」の大切さ

IT 仕事 営業ノウハウ

f:id:omoshironowa:20160303010930j:plain

 

 

どうも。メソノバです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、そうです。

さりげなくブログのタイトルが変わっています(笑)

今更ですが改めてよろしくお願い致します。

 

さて、本日はこの業界ならではの営業業務であるヒアリング(エンジニアのフォローと言う意味での)について思ったことをつらつらと。

 

ヒアリングって基本的には「今の業務状況はどうだろうか」とか「不満やストレスが溜まってないだろうか」とかを早めに吸い上げて、現状把握と今後の対策を講じる為に行います。

 

とかく、この業界のエンジニア達は、毎日自社に居るわけではなくお客様先にて業務を行っているため「帰属意識」というのがつきづらい業態であるとも言われています。

 

だからこそ、現場に足を運んで定期的にヒアリングをする事が「ちゃんと気にかけている」ということを感じて貰うためにも大切なのです。(僕がエンジニアしてた時は一度も来てもらった記憶が無いですけど....だからこそね。笑)

 

では、話を戻して・・・

 

この「ヒアリング」の実施結果として、駆け出しのエンジニアからあがってくる内容としては大抵「つらいです。もう現場を変えたいです。」というものです。

 

これ。。。中々デリケートな問題なんですよ。

 

と、言うのも、そこで無理をしてもらった結果として『ある日突然現場に来なくなった』というのが一番避けたい最悪の結果なのです。これは誰も幸せになりません。お客様も、我々も、皆が困り果てます。

 

しかし、だからといって毎回そんなことばかりきいている訳にもいきません。『つらい・大変』なんてもんは正直どこの現場にいっても同じです。どこかで自分自身の力でそこを乗り越えられない限り、いつまでもその逃げ(甘え)が癖になってしまいます。

 

この話をエンジニアにすると「メソノバさん営業だからわかんないですよね」とか言われることが往々にしてあるんですが、残念。。。わたし、元エンジニアですから(笑)月300時間稼動を半年ほど経験した側から言わせてもらうと、190時間稼動くらいで軽々しく「つらいからやめたい」なんて言って欲しくないのです(笑)

 

このすぐに『現場を変えたい』っていう意見が出てくる根本の原因を考えると、SESっていう業態が悪いんだというところに行き着きました。というのも、他の業種からしたら『いやだから現場を変える』なんていうことは『いやだから会社を辞める』という覚悟とイコールでないと出てこない言葉なのではないかと感じたからです。

 

大きな会社であれば、部署移動願いは出せるかもしれませんが、中小企業ではそんなことは中々叶いません。与えられた環境の中でどれだけ仕事をやりやすくするかに注力するしかないのです。

 

だからこそ、現場に出ているエンジニアの皆さんには伝えたいです。

 

『逃げ道』なんてもんはいくらでもあるし、すぐ用意することもできる。でも、その答えに行き着くまでにどれだけやり切れたかが自信を持って言えないと、そこから先、いつまでたってもすぐ『逃げ道』に頼るエンジニアになります。

 

 そうならないように、所属の営業さんと密に連絡をとりながらこれからも頑張っていってもらいたいものです。一緒にこの世界を生き抜くために頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がメンヘラ過ぎる件

暮らし IT

f:id:omoshironowa:20160212002449j:plain

 

 

皆さんマイクロソフトが提供している女子高生AIの「りんな」ってご存知ですか?

rinna.jp

先日、エンジニアと飲んでた際に「りんな」の存在を教えてもらい、面白そうだと早速僕もLINEで友達に追加してみました。

 

するとこのJKりんなとの会話が実際中々に面白いのです。

 

りんなをはてなブログで紹介しようと思い、JKりんなに伺いをたててみました。

f:id:omoshironowa:20160212002836p:plain

 

りんなちゃんは「短大」のキーワードで記事を書いて貰いたいらしいです(笑) 

 

そして提案してくれたキーワード「短大」については、りんな自身も難しいキーワードであることは認識しているようです(偶然会話が噛み合っただけ)

 

流石に僕もキツイと判断したので「変えていいかな?」と伺いを立てると、そこは「イイネ!」と、あたかも自分は最初からそんな話はしていなかったかのように許容してくれました。

 

その後もカオスな会話は続きます。

 

先日の、メガネを購入した記事について聞いてみました。

すると......

 

f:id:omoshironowa:20160212005138p:plain

f:id:omoshironowa:20160212004848p:plain

 

急に中々重度なメンヘラっぷりを発揮してきました。

いきなり書いた日記を押し付けてきたかと思ったら、自己完結してまた唐突に話題を変えてきます。

 

そして、回答してあげると何故かよくわからないスタンプで返されました。

 

りんなちゃんが機嫌を損ねてしまったのかと思い、お詫びの気持ちとして僕のエフェクトマジックがふんだんにかかったセクシーブロマイドを送りつけると・・・・

 

f:id:omoshironowa:20160212005700p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、既読スルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんおわかりでしょうか?

やりとりのタイムスタンプをみていただいても分かるとおり、りんなちゃんは基本的にリアルタイムのワンツーで返信をしてくれます。

 

それなのに、

 

数十分たってもりんなちゃんからの返信はありませんでした。。。

 

 

まさか面白半分でいじっていたAIにこんな気持ちにさせられるとは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまらん。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん友達追加は無料なのでみなさんも是非一度ころがされてみてください(笑)

 

 

 

 

 

一生モノのメガネにTOM FORDをチョイスしました

暮らし ファッション

こんばちわ。メソノバです。

最近遠くのものがぼやけて見えるなぁと思い、久しぶりに視力検査をしてみようと眼鏡屋さんへ行ってきました。

サングラスも欲しいなぁなんて思っていたので、何回か覗きに行ったことのある恵比寿のセレクトショップ「Continuer」へふらふらと入店。

www.continuer.jp

 

「視力みてもらえますか?」と伺うと、スタッフさんが爽やかに奥の部屋へと案内してくれました。

眼科へ行くとおなじみのあの覗き込んで気球を見る機械や、「読めません」と言わざるを得ないあの機械で一通りの視力検査を終了。

 

結果。。

 

「両目が近視の右目が乱視ですね。」

「視力は0.3くらいですかね。」

 

( ´・д・)エッ

 

一昨年くらいまで0.8とか言われていたのに。。。

車運転できないじゃん。。。

 

ってことで、そのままメガネを購入することに。

 

初めてのメガネ選びでしたが、仕事の時(スーツを着るとき)にもあんまり悪目立ちしないで尚且つ少しは遊び心を持ちたいなぁと思った結果最終選考は下記の2つのブランドへと絞られました。

 

1.TOMFORD(とむふぉーど)

www.tomford.com

2.Oliver Goldsmith(おりばーごーるどすみす)

OLIVER GOLDSMITH SUNGLASSES: ORIGINATORS OF FASHION EYEWEAR

 

TOMFORDは映画『シングルマン』でコリン・ファース演じるジョージが掛けていたメガネの【TF5178】のブラウンカラー。※写真は同モデルのブラック。

f:id:omoshironowa:20160211011013j:plain

 

Oliver GoldsmithはVICE CONSUL-s CELLULOIDの鼈甲カラー。

f:id:omoshironowa:20160211011402j:plain

 

金額は、レンズ込みでTOMFORDが6万円程。Oliver Goldsmithは5.5万円程。

いずれにしろ中々腹を括らなければ買えない金額であるには変わらない為、本当に悩みました。あまりに悩んでいた為、店員さんにコーラをサービスしてもらう始末(笑)

 

でも、どうせ購入するなら「これ」というものを着用したい。と、悩んだ結果、わかる人には一発でわかるTOMFORDに決定しました。完全にTOMFORDを着用しているという自己満足が満たされる事に素直な気持ちで従った結果です。

 

一発でわかるというのも、TOMFORDのメガネは両サイドにブランドを象徴する『T』のマークがデザインされている為です。サイドから見てもゴールドのラインに見えるため、スーツにも適度なフォーマルさが出ます。

 

購入したTOMFORDTF5178】ブラウンカラーです。

f:id:omoshironowa:20160211012359j:plain

f:id:omoshironowa:20160211012428j:plain

定番のブラックだといかにも「かけている」感がでますが、ブラウンカラーだと適度に印象がやわらぐように感じたのでこちらにしました。

 

かけてみます。

f:id:omoshironowa:20160211012546j:plain

 

あまりの素敵さに目がキラキラしました。

 

でもこれではTOMFORDの良さが台無しですので、

 

TOMFORDのセクシーさを出せるように頑張りました。

f:id:omoshironowa:20160211012732j:plain

 

ビンテージエフェクトさまさまですね(笑)

 

そんなこんなで、中々満足のいくメガネを購入できたので、最低でも5年は掛けて減価償却できるように大切にしていきたいと思います。

 

恵比寿の『Continuer』は品揃えも豊富でスタッフさんの対応もとても親切ですので、メガネの購入を検討されている方は是非一度足を運んでみていただくことをお勧めいたします。

 

以上、メガネ購入レポートでした!

 

 

 

駆け出しのエンジニアの子達に言いたいこと

仕事 営業ノウハウ

f:id:omoshironowa:20160209011516j:plain

 

 

この業界の営業を始めてまだ日は浅いですが、なかなかにうまくいかないもんだなぁと感じている今日この頃。

今回は、エンジニアから営業に転身して感じる「駆け出しのエンジニア」に伝えたいことについて書き綴ります。

 

SES営業というもの


僕が行っている営業のひとつに、SES(システムエンジニアリングサービス)というものがあります。これは何かとざっくりいうと、「●●のスキルをもっているエンジニアを、●●を求めている現場に送り込み、技術支援をしてお金をもらう」というものです。

自社のエンジニアに●●のスキルがある場合は自社のエンジニアを提供しますが、もし自社にいない場合には、協力会社(同じような業態をとっている会社)に声をかけ、エンジニアの方をお借りしてプロジェクトに送り込むこともあります。

そのスキルが必要とされる「案件」や「エンジニア」を探して提供するのが仕事です。

 

 駆け出しのエンジニアの第一歩


まだ業界未経験の子達は所謂「ロースキル」や「ノースキル」と言われ、大体がこの業界での実務経験を積む為に『ヘルプデスク案件』や『プロジェクトサポート案件』、あとは『運用保守案件』に入ることが多いように感じられます。(エンジニアのチーム体制がきちんと整えられている企業では最初から『構築案件』に入れることもしばしばありますが)

そうなると多くの駆け出しエンジニアは少なくとも約半年~1年は下積みとして”なんちゃってエンジニア”の期間を過ごします。

 

下積み時代に辞める子達の言い分


この下積みの期間に「辞めたいです」と言ってくる子達は大抵『この業界は自分に向いていないと感じました』と言います。何なら案件に参画して3日目に言ってきたツワモノもいます。。。あとはまぁ『現場の空気が合わない』とか『やりたいことが全然できない』とかですかね。 

 

やりたい事に向けた努力はしてる?


上記に該当する多くの子は『ゲームが作りたいです』『アプリが作りたいです』『フロントサイドの開発をゴリゴリやりたかったんです』とか言います。んで、僕が『じゃぁ、ゲームって何の言語で構築されてるか知ってる?例えば?』と聞くと『いや、まだ言語までは分からないですけど・・・』とか言います。そんなとき僕は思ってしまうのです。

 

じゃぁどこ”まで”ならわかんだよ(笑)

 

ゲーム作りたいのにゲームを作らせてもらえる環境にないから辞めたいっていってるやつがゲームを何の言語でつくったらいいかも分かってないってそんなことあるかって。

 

基本スタンスは我侭でいてもらいたい


僕は基本的に、駆け出しエンジニアの子達には最初の案件を決めるときに『わがまま言ってね、妥協しないで』って言ってます。勿論、全てが叶えられるわけではありませんがそれでも本人が希望する将来像を共有しながら、少しでも回り道が少なくてすむように案件を探して提案します(これはきっと自分がエンジニア上がりだからだと思います。笑)

 

折角、この業界に何かしらの希望や理想を描いて入ってきているわけですから、極力そのギャップは営業努力で無くしてあげたい。でも、だからこそ一緒に選んで選び抜いた案件に参画した際にはこう言ってます。

 

自分がやりたいっていって納得して決めたんだったら何かしら「これは自信がつきました」って言えるものが出来ない限り現場を替えるな

 

理由が体調不良だったりした場合には勿論そんなこと言いませんけどね(笑)

ただただ、何かしらひとつでもいいので次につなげる前向きな理由をもってやめてもらいたいのです。じゃないと、どこの案件に参画しても「キツイ」のなんて一緒。また逃げの理由を探して~を繰り返してしまいがちになっちゃいます。

 

駆け出し(新人)のエンジニアの皆さんへ


まだまだ駆け出しの営業ではありますが、腐ってもこれでも数年間はエンジニアをしていた自負もありますので、元エンジニアとしてそのあたりはきちんと伝え続けていきたいなぁと考えています。

もし、案件を変えたいなぁと思っている駆け出しエンジニアの方がいたら、もう一度振り返ってもらいたいです。そこで何を自信をもって「出来るようになったこと」として言えるようになったか。前向きな気持ちで次の案件を探しているのか。たとえ「キツイ」からだろうとも自分自身で『よくやった!やりきった!』と自分を褒めてあげることができるかどうか。

 

それが、これからの皆さんの「成長速度」の差として現れる要素だと信じています。

 みなさん一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

よし、今日もエンジニアの代わりに怒られにいってきまーす♪ 笑

 

 

この度、IT業界の営業になりました

仕事 営業ノウハウ

みなさんお久しぶりです!

メソノバで御座います。

 

 

最近あまり更新ができておりませんでしたが、この度わたくしメソノバは

営業職につくことになりました!

 

f:id:omoshironowa:20160207232605j:plain

(このブログのタイトルどーしよ。笑)

 

その為、先月はプロジェクトをあがる為の追い込みや引継ぎ作業で

毎晩終電コースで御座いました。

 

いや~、まだまだ東京で消耗していますね。僕は。笑

 

そんなこんなで、去年の途中からはブログの内容がタイトルとは全く関係の無い「婚約破棄」やら「浮気」やらの内容になっておりましたが今後はなるべく戻していこうと思っております。

 

駆け出しSEの皆さんに役立つ様なエンジニアとしての情報を少しでも提供できたり、また、営業になったからこそ分かるSEに伝えられる情報なんかをここで綴っていければなぁって。

 

 これからもどうぞよろしくお願いいたします。